私たち厚生病院薬剤部の仕事を紹介します・・・

 調剤

医師の診断により疾病の治療や予防を目的として、処方箋が発行されます。

処方箋を受け取った薬剤師は、まず処方の監査を行います。薬の成分が二重になっていないか、
相互作用(薬の飲み合わせ)の心配はないかなどの様々なチェッ クを行います(必要により、処方
した医師に問い合わせを行います)。処方に問題がなければ、患者さんに必要な薬を調整します。
散剤(粉薬)などは何種類もまぜあわせたり、1回分ごとに分包したりするので、錠剤だけよりは
ずいぶん出来上がるまでに 時間がかかる場合があります。出来上がった薬はもう一度監査され、
薬に間違いは無いか、指示は間違えていないかなどをチェックし、患者さんにお渡ししま す。

 服薬指導

患者さんが薬を正しく使えるように薬の効果・使い方・注意点などをお伝えします。

また、入院患者さんのベッドサイドに出向き、使用上の注意などのくすりに関する情報提供(服薬
説明)を行うとともに、薬による副作用、相互作用(飲み合わせ)などの安全面のチェックも行って
います。

更に患者さんからの医薬品に関する質疑にも対応し、患者さんのご不安を少しでも取り除き、薬物
治療がより効果的に、しかも安全に行えるよう努めています。

 注射薬の調剤

従来、注射薬の投与準備は、医師の指示に基づき看護婦が行っていました。しかし、最近では、
薬剤師がその専門的な知識を生かして、個々の患者さんの 注射せん(注射用の処方せん)により、
注射薬のセット(払い出し)を行うようになり、注射薬使用の安全性がより高まっています。

また、処方せんの内容について注射薬の量、投与期間、どこからどの位のスピードで投与するか、
混合して使用する場合には薬同士が相互作用をおこして効果が変わることがないか、 などの
チェックを行います。

また、当院においては、薬剤師が一部の注射薬の混合(混注)を行っています。

このように病院薬剤師は、医師、看護婦、その他の医療従事者と連携し、入院患者さんへより良い
薬物治療が行われるよう努力しています。

 薬歴

複数の診療科にかかっていて、それぞれの処方が適切であっても一緒に使うと相互作用が起こる
可能性があります。
これを未然に防ぐため患者さんが受ける薬物療法の情報を集約・管理します。

 医療チームカンファレンスへの参加

患者さんの治療にあたっては、医師・看護師・その他の医療スタッフがチーム一体となって取り組ん
でいます。
薬剤師は患者さんに最も適した、安全で効果的な薬物療法を行うために医療チームのスタッフと
綿密な連絡を取っています。

最近では、感染対策チーム、安全管理チーム、栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、褥瘡チーム
などさまざまなチームに入って活動しています。

 医薬品情報の提供

医薬品の使用に際しては、それに伴う情報が不可欠です。薬剤師は、医薬品に関する情報の収集
整理、保管、評価、提供を行っています。医師、看護婦などから の医薬品に関する質疑に対応する
と共に、製薬企業や厚生省、各種の文献、資料などから医薬品情報を収集し、医療従事者が使用
しやすい形に加工して、積極的 に提供しています。

 医薬品の管理と供給

病院において、医薬品の購入と保管そして各部署への供給と一貫した管理を行います。特に品質
の管理(温度、湿度、光)には万全を期しています。

さらに、血液を原料とする医薬品については、製造番号や使用した患者さん、投与量等を10年間
にわたって管理します。

 体の中の薬の動きを監視し処方を設計する

けいれんを止める薬、抗生物質、臓器移植に用いる免疫抑制剤など、さじ加減の難しい薬の血液
中の濃度を測定し、患者さんにとって最も安全で効果的な薬物療法を医師とともに組み立てます。